誰もが、その日、その時、その瞬間を精一杯生きています。

それは、本当に素晴らしいことです。

あらゆる言動の裏には、その人の精一杯が隠れています。

人に対して「なんであんなことを言うのだろう」「なんであんなことをするのだろう」と思っても、それがその人のその時の精一杯なのです。必死に自分や自分の何かを守ろうとしているのかもしれません。

「あの人は今、あの人の精一杯なんだ」と認めてみると、これまでとは違った感覚が出てくると思います。

同様に、自分の言動に対しても「その時の自分の精一杯だったんだ」と認めてあげることが、きっと新たな発見につながります。