ミスコミュニケーションの原因はたくさんありますが、その一つにお互いの「チャンク」の違いがあります。

「チャンク」とは情報・知識の塊で、相手・対象・状況を認識する場合の情報単位の大きさのことをいいます。
一般に、チャンクの小さい人は要素還元的で分析的、チャンクの大きい人は全体把握的で俯瞰的と言われています。

チャンクの小さい人に、大きなチャンクで話をしてもイメージが湧きにくいことがあります。
逆に、チャンクの大きい人に、小さなチャンクで話をしても要点がつかめなかったり複雑に感じたりすることがあります。

相手のチャンクに合わせた話し方ができると、ミスコミュニケーションを軽減することができるかもしれませんね。