「私がやるといつも失敗する。」
「あなたがやるといつもこうなる。」

時折、落胆や怒りを伴いながら、
マイナスのことを言うときに使われる「いつも」さん。

でも、本当にいつもなの?
言ったあとに自分に問うてみる。

きっと、いつもではないはず。

うまくいったこともあるはず。

もっとそちらに焦点をあててみると、
今まで気づかなかったことに気づくかもしれない。

たまにでもうまくいったときに目を向けると、
うまくいくヒントが見えてくるかもしれない。

「いつも」さんに目を眩ませられないように
意識しよう。