親子の手

 

 

 

 

 

 

 

出産から十日間の入院生活は、

私にとって、母親になるための合宿のような生活でした。

必死に生きようとする赤ちゃんに必死に応えていきました。

初めてのことで何も分からない私でしたが、

看護師さんたちが、一つ一つ丁寧に指導してくれました。

寝不足が続き、痛い思いもたくさんして、体力的には辛かったのですが、

赤ちゃんの生きようとする力を感じ、

赤ちゃんを愛おしいと思う気持ちで、

気づいたら十日間の合宿を終えていました。

退院する時には、親子の自信を一つ得た二人になっていました。

これから私たちには共に越えていかなければならない壁が

一生を通してやってきますが、初めて得た今回の自信を忘れず、

一つ一つ乗り越えて生きていこうと強く思いました。

子どもの生きようとする力を常に信じ、

子を愛おしいと思う気持ちを忘れず。