赤ちゃんの手

 

 

 

 

 

生まれるとき、
誰もが「元気で生まれてきて欲しい」と
ただその一つを願われたはずです。

それが、成長に伴い、
「こうなって欲しい」「ああなって欲しい」・・・など
様々な期待をされていきます。

でも、みんな最初は「元気に生きていること」
それだけで十分だったのです。
そもそも生きていなければ、他の期待には答えられません。

私たちは「生きている」だけで素晴らしい存在です。

「生きている」だけで尊重される存在です。

同様に、「生きている」人はすべて尊重すべき存在なのです。