メガネ

誰でも
その瞬間は
その人の精一杯なのだ。
みんな精一杯生きている。

そういうメガネで
他人を見てみると、
少し違って見えることがあります。

例えば、「なんでこの人こんな事するのだろう。」
と思った時、このメガネをかけてみると
その人を受け入れられる部分が
見えてくることがあります。

「人それぞれの精一杯がある」
ということを理解することは、
良好な人間関係をつくるために
必要なことの一つだと思います。