鎖

今日お昼ごはんを食べたお店で、
60代くらいの女性が
娘を抱いていた私に声をかけてくれました。

「あら、可愛い。抱っこさせて。
泣いてもいい?」と。

私は嬉しくて、
喜んでという気持ちで
お願いしました。

その方も育児を経験されていますから、
赤ちゃんのお母さんが、
声をかけられると嬉しいことや、
育児の疲れがぶっ飛ぶことを
ご存知なのでしょう。

ご自分も育児中
同じような経験をされたに
違いありません。

自分が人にされて嬉しかったことを
今度は自分が人にしてあげる。

この幸せの連鎖は
極自然に起こっている気がしました。