心理カウンセラー  山田真智子(やまだまちこ)のご紹介

山田真智子は、クライアント様のお気持ちに寄り添い、笑顔と優しさをもってカウンセリングをさせていただきます。

【資格】
・NLP™協会認定マスタープラクティショナー
・NLP™協会認定コーチング・トレーニング™

【人間関係の専門家】
・人間関係の悩み(夫婦関係・親子関係・友人関係・職場での人間関係・経営者としての他社との関係など、人との関わりでお悩みの方)

【教育関係の専門家】
・親子の悩み(不登校・いじめ・学習・進路についてお悩みのお子様をもつ親御様、またはお子様ご本人)
・先生の悩み(学校関係・塾関係・その他先生とよばれるお仕事をされている方でお悩みの方)

【趣味】
○美味しい料理と美味しいお酒を飲むこと ○ハイキング ○旅行 ○手芸 ○ぐーたらすること ○認知症の勉強

【わたしはこんな人間です
小さい頃から活発で、おてんば娘でした。好奇心旺盛だったので、自分がしたいと思うことは親が反対しても何とか説得してとにかく「やってみる」子供でした。ですので、たくさん失敗をしました。恥ずかしい思いも嫌というほど。それは社会人になっても変わらず、失敗をしては落ち込んでいました。
そして、以前から興味があった心理学を学び、失敗してきた自分、自信のない自分を受け入れることができました。それからの私は、自分の気持ちに素直に行動できる「自由人」として、今は常に「自分」と共に歩んでおります。
人の話を聞くことが好きで、周囲にも話しやすいと言われ、相談を受けることが多くあったこともあり、カウンセラーになるために「聴く」ことの深さを学び、現在は職業として生かしております。
最近、認知症についての学びも始めております。認知症の父と介護をしている母を遠隔でフォローしております。認知症に関わるご相談も受け承っております。

略歴

1977 新潟県小千谷市で出生。
1995 大学進学のために、一人滋賀県へ。
1999 京都の学習塾に就職。教室長として、14年間勤務する。
2014 結婚を機に退職し、大阪に移住。心理学を学び始める。
2016 名古屋に移住。
くれたけ心理相談室にカウンセラーとして所属。並行してフリースクールに勤務、一年間発達障がいの子どもたちと過ごす。
2017 第一子女の子を出産。
2019 京都のホテル(RESISTAY cotorune KYOTO)の経営者の一人となる。
2020 拠点を京都に移す。

父が認知症になったことをきっかけに認知症の勉強を始める。
(認知症についてのレポートが呉竹ビジネススクールブログに掲載されています。⇒こちらです。)

カウンセラーになったきかっけ

人生の挫折を味わう度に、自分が必要とされていないのではと落ち込み、自分が嫌いになり、両親に対してこんな自分で申し訳ないと思い、悩む時期がありました。復活してはまた挫折をし、同じところで悩みました。
そんなことを繰り返すことに疲れていた時、自分が進歩する方法はないのかと思い、心理学を学んでみようと思いました。

心理学を学ぶということは、自分と向き合うということでした。
自分と向き合い、自分を知ることで、自分の中の様々な問題が浮上してきました。その一つ一つを紐解き、受け入れていくと、気持ちが楽になり、自分らしさをオープンにすることができました。
そして、同時に他人に対する見方も変わってきました。人との付き合いもより楽しくできるようになりました。

心理学の学びが進むうちに、「一人でも多くの人に、自分を好きになって、自分らしく生きてほしい。自分を受け入れていくことで、楽になってほしい。」そう思うようになり、カウンセラーとして、悩んでおられる方のサポートをしていくことを決心しました。

私は、クライアント様がご自分の持っている能力に気づき、それを引き出し、ご自分の問題を解決し、自分らしく幸せに生きていけるよう、全力でサポートしたいと思っています。そして、世の中が幸せを感じている人であふれ、次の世代の子どもたちにも波及していくことを願っています。

カウンセラーとして社会に貢献することで、世の中に笑顔と優しさが広がり、幸せを生む一助となれれば幸いです。

クライアント様へのメッセージ

どんなお悩みでも結構です。
一度お話ししてみてください。

それだけでも気持ちが安らぎ、気持ちの整理ができます。
さらに、今まで気がつかなかったことに気づけるようになります。

クライアント様のお気持ちを第一に、全力でサポートさせていただきます。

 

 

 

予約をする(空席確認)

山田真智子のカウンセリングのご予約確認(24時間対応) ※お電話によるご予約は、 電話による予約方法(フリーダイヤル)でご確認ください。

コメントを残す