お月見どろぼう

夕方、お月見どろぼうが現れました。

それも、一人ではなくたくさん。

小さなどろぼうさんたちは、
家の前に置いてある
お月見のお供えものを
「ありがとう。」と言って
持っていきます。

お供えしている家を全部回って、
袋にお菓子をいっぱい詰めて
(どろぼうして)帰りました。

 

これ、何かというと、
この地域で昔からあるお月見の
行事だそうです。
ハロウィンの日本版のようです。

いつもは静かな住宅街ですが、
今日は子どもたちで賑わっていました。
「こんなに子どもがいたんだ。」と
驚いてしましました。

子どものたくさんいる町は、
活気があっていいですね。