頼る

「周りに頼れる人がいない。
そんな環境にいる自分が不運だ。」
そう思っている人は、
いつかそれが
自分が人を頼ることができないからだ
ということに気づきます。

 

頼りになる人がいるから頼るのではなく、
人に頼ることができる自分があるから頼るのだと
思います。

強い人はたくさんの人に頼ることができます。