身の程知らずがいい

上

「身の程知らず」という言葉は、
しばしば良くない意味で使われます。

ですが「身の程知らず」であることは
夢の実現には重要な条件だと思います。

身の程知らずにならないと
そもそも夢をみることができません。

今の自分の身分や能力は一旦棚に上げて、
自分の理想、楽しくなること、
ワクワクすることが夢です。

そして、その夢を実現するためには、
今の自分の身の丈(能力)を考えていては遠回りです。

「自分は何でもできる」くらいに思って取り組むことが
一番の近道になるのではないでしょうか。

 

そんなことを考えていたら、
「身の程知らず」はとても良い言葉だと思いました。

投稿者プロフィール

山田 真智子
山田 真智子
京都市、向日市、宇治市を中心に対面カウンセリングを承っております。またSkype(電話)を通して、国内外を問わず心理カウンセリングをご提供しています。

コメントを残す