ごはん

二年前にもらったお米がありました。

だいぶ古いけれど、
お米は腐らないし大丈夫だと思い
炊いてみました。

炊きあがりは、、、
水を多めに入れたのにボロボロ。
香りは、嗅いだことのないお米の匂いでした。

疲れてお腹をすかせて帰ってきた夫は、
ショックを受けていました。

珍しく、静かな晩ご飯の時間となりました。

でも、捨てるのはもったいない。
夫が美味しいと喜んでくれるように、
工夫して食べようと思います。