銀座

NHKの「プロフェッショナル」という番組で、
銀座の高級クラブのママが取り上げられていました。

それを観ながら、
「私も生まれた時には銀座高級クラブのママになる
可能性を持っていたはずだけれど、
どこでその可能性を失ったのだろう。」
なんて冗談で旦那に言いました。

今の私は、銀座のママではなく一児のママ。

それはこれまで自分で様々な選択をしてきた結果。

銀座のママになる選択をしてこなかっただけ。
一児のママになる選択をしてきただけ。

自分で選択してきた結果が今の自分。
ただそれだけ。