ロボット

ロボット

母が電話で、
「もう雪掘りは疲れた。
やってもやってもキリがない。」
と、ぼやいていました。

近くに住んでいたら
手伝ってあげられるのですが、
それができないのがもどかしい…。

父は70歳を過ぎ、
母ももうすく70歳です。
それはそれはきついです。
何より危険です。

早く雪掘りができる
ロボットが開発されて、
雪国の高齢者宅の雪掘りを
全部やってくれる日が
きて欲しいと思った今日でした。

投稿者プロフィール

山田 真智子
山田 真智子
京都市、向日市、宇治市を中心に対面カウンセリングを承っております。またSkype(電話)を通して、国内外を問わず心理カウンセリングをご提供しています。

コメントを残す

前の記事

育児の先輩

次の記事

そのまま