娘の初節句。その翌日のことです。

雛人形

先日3日は、娘の初節句でした。

ちらし寿司はしませんでしたが、
お祝いのご馳走を(私と旦那が)食べました。
娘には大好物の苺をあげました。

良い初節句だったと
旦那と満足していました。

~翌日~

フェイスブックで、
お雛様にちらし寿司をお供えした
という友人の投稿を見て、
私は一瞬固まってしまいました。

ご馳走をお雛様の目の前で食べたのに、
お供えをするのを完全に忘れていたのです。
そういえば子供の頃、母がいなり寿司を
お供えしていたことを思い出しました。

やってしまった…。

すぐにお雛様にお詫びを伝えました。

来年は二年分のお供えをしよう。

よし、雛人形の片付けはしっかり
今日やってしまうぞ。
娘がお嫁に行き遅れないように。

夕方にはなってしまいましたが、
何とか片付け終わりました。

その時です。
またしてもやってしまったことに
気づきました。

最後にハタキをしまおうと袋の中を見たら、
白い手袋が入っていました。

!?

大切な雛人形、扱う際は手袋をしなければ
ならなかったのです。

もちろん、出した時も素手でした。

新しいものなのに、既に私の手の脂が
べっとり…。

 

あー、お雛様。
私の無礼をお許し下さい。

 

新米母ちゃんは失敗ばかりです。
でもこれで来年からはバッチリです。

投稿者プロフィール

山田 真智子
山田 真智子
京都市、向日市、宇治市を中心に対面カウンセリングを承っております。またSkype(電話)を通して、国内外を問わず心理カウンセリングをご提供しています。

コメントを残す