名付け

私の名前は、尊敬する父が
つけてくれました。

当時、父が渡辺真知子さんという
歌手のファンだったらしく
「まちこ」はそこから。
ただ、「ち」の漢字は
南総里見八犬伝の
八つの玉の一つに書かれている
「智」の字をとって
「真智子」としてくれました。

 

ただこの名前、小学生の頃の私は
あまり好きではありませんでした。
その頃、「マイチング真知子先生」という
ちょっと破廉恥先生のアニメを
TVでやっていて、
男子に「まいちんぐ~」と
からかわれていたことがあったので、
それも理由の一つかもしれません。
(きっと、私と同年代の「まちこ」さんは
同じ経験をしていますよね)

それと、人に名前を聞かれて
「真智子です」ということに
何故か抵抗がありました。

自分の名前が本当に好きになったのは、
大人になってからだと思います。
自分を受け入れ始めた時期と
重なっているような気がします。

今では、好きとかいうものではなく、
自分の一部という感覚です。

父がこだわっていた「○○子」という名前を
娘にもつけました。
父への尊敬と感謝の意味があるのですが、
それはまだ照れくさくて父には言っていません。
いつか娘が父にそう伝えてくれたらな
なんて思っています。