期待値を下げる

腹が立ったり、
苛立ったりすることは
誰にでもあります。

特に身内や近い存在の人に
対してそういった感情を
もつことが多いです。

腹が立ったり
苛立ったりするのは、
相手が自分の期待に
そぐわなかったり、
期待値に届かなかったり
した時です。

そんな時は、
「期待値を下げる」
「期待をしない」
という方法を選択してみて
ください。
感情がいく分抑えられます。

さらに、余裕があれば、
相手にした「期待」について
考えてみてください。

相手にとって高すぎる
期待でなかったか、
自分だけが望んでいる
期待でなかったか、
あるいは
自分の何かを守るための
期待ではなかったか。
など。

期待をした自分に
矢印を向けてみると
気づきに出会えるかも
しれません。

投稿者プロフィール

山田 真智子
山田 真智子
京都市、向日市、宇治市を中心に対面カウンセリングを承っております。またSkype(電話)を通して、国内外を問わず心理カウンセリングをご提供しています。

コメントを残す