笑顔

 

あの日から14年。

関西にいた私は
一晩中両親と連絡が取れないまま
テレビで地震の状況を見ていました。

実家は、震源地から
それほど離れてはいませんでした。

心配で心配で一睡もできませんでした。

 

翌日電話で連絡が取れ、母の声を
聞いた瞬間、涙が溢れてきました。

母はいつもの元気な明るい声で
「大丈夫だよ。」と言ってくれました。

ほっとした私の耳に入ってきたのは
大勢の賑やかな話し声でした。

近所の人がうちのビニルハウスで
避難していたのですが、
笑い声も混じり楽しそうな様子でした。

ちょっと拍子抜けしましたが、
そこに親の強さ、地元の人たちの強さを
感じたことを鮮明に覚えています。

毎年この日にあの日のことを思い出し、
犠牲になった方々を悼むと共に、
親や地元の人を誇らしく思っています。