紙と鉛筆

予期せぬ出来事に直面して、
頭の中が、
「あれはどうしよう」
「これはどうしよう」
でいっぱいになり、
先が見えずに不安になることで、
気持ちがどんどん辛くなって
しまうときは、

「どうしよう」と思った内容を
とにかく書き出してみましょう。

順番も種類も関係なく、
思いつくままに。

書き出すことで、
溜め込まずに済みます。

書き出してみて、
「どうしよう」の量も把握でき、
実はそんなに多くなかったと
感じることもあります。
解決方法が、見つかることもあります。

すぐに解決できなくても、
それを人に見せて相談も
できますし、
これなら手伝えるという人が
出てくるかもしれません。

 

「どうしよう」を「こうしよう」に
変えていきましょう。