心がけていること

tenbin

人の話を聴くときに心がけていることがあります。

それは、話す人と自分が対等であるという意識をもつことです。

カウンセラーになるために学んだことなのですが、
普段でもとても役に立っています。

話を聴くときに少しでも自分が優位に立って聞いてしまうと、
話を聞きながら勝手な推測をしたり、判断をしたりして
話の内容を受け取ることができないからです。

また、話を聞きながら、自分だったらこうするのにとか、
自分のときはこうだったなど、自分の話にすり替えてしまったりして、
その間の話を聴き逃がしてしまうこともあります。

 

今流行りの言葉で言い換えれば、
人の話を聴く時は「全集中」ですね。

話す人と対等という意識をもって。

 

(あ、私はまだ『鬼滅の刃』は何も見ていません。)

投稿者プロフィール

山田 真智子
山田 真智子
京都市、向日市、宇治市を中心に対面カウンセリングを承っております。またSkype(電話)を通して、国内外を問わず心理カウンセリングをご提供しています。

コメントを残す

前の記事

今改めて

次の記事

うちの味