「あなたが心理カウンセラーになると決めた日のことを教えて下さい」(くれたけ#167)

私が人の「こころ」に興味を持ち始めたのは、
学習塾に勤務していた頃でした。

 

生徒の成績をあげるために
生徒一人一人と向き合っていました。

同時に保護者の方とも
向き合うことになりました。

スタッフや講師とも常に
向き合っていました。

たくさんの人に向き合う中で
人の心に興味を持ちました。

それぞれ様々な悩みを抱えていることに
気づいたのです。

「カウンセラーならもっと
役に立てるのかもしれない。」

その時初めてカウンセラーを意識しました。

 

その後、塾を退職してから
心理学を学ぶことになります。

心理学を学ぶということは、
自分と向き合うということでした。

これまでの自分の悩みも
自分と向き合い、受け入れていくことで
少しずつ解決していきました。
そして、大きな気づきを得た瞬間がありました。
「自分らしくいればいいんだ」

 

その日だったと記憶しています。
一人でも多くの方に
「自分を好きになって、自分らしく生きてほしい。
自分を受け入れていくことで、楽になってほしい。」
そう思うようになり、
カウンセラーとして、
悩んでおられる方のサポートを
していくことを決心しました。

(公式サイト内プロフィール
「カウンセラーになったきっかけ」も
ご覧いただけましたら幸いです。)

 

今後も、学びと初心を忘れることのないよう、
クライアント様のお幸せへの一歩のために
お一人お一人と向き合っていきたいと思います。

投稿者プロフィール

山田 真智子
山田 真智子
京都市、向日市、宇治市を中心に対面カウンセリングを承っております。またオンライン(電話・Skype・Zoomなど)を通して、国内外を問わず心理カウンセリングをご提供しています。プロフィール詳細はこちらです。

コメントを残す

次の記事

準備の月