八幡の流れ橋

流れ橋Nagare

初めて「八幡の流れ橋」に行ってきました。

木津川に架かる木製の橋で、水かさが増すと橋が浮いて流される仕組みです。時代劇の撮影にもよく使われるそうです。

幅3m弱の柵なし、端から端まで356mのその橋を歩いて渡ってみました。

時折鳴るギギッという足音とともに、ススキや透き通った水面を下に見ながら、ゆっくりと散歩することができました。

初冬の自然を歴史ある橋の上で存分に感じた日となりました。

投稿者プロフィール

山田 真智子
山田 真智子
京都市、向日市、宇治市を中心に対面カウンセリングを承っております。またSkype(電話)を通して、国内外を問わず心理カウンセリングをご提供しています。

コメントを残す

前の記事

お父さんも大変

次の記事

今あるもの