私の昭和

syowa

今日は昭和の日。

私にとっての昭和ってどんなだったかなと
思い出してみました。

中学に上がる年に平成になったので、
私の昭和は主に小学生でした。

 

家の家電が増えていっていました。
洗濯乾燥機・ワープロ・カメラ・オーブンレンジなど。
町の電気屋さんがよく家に来ていたことを覚えています。

今思えばそれがバブルだったのですね。

両親は働きっぱなしでしたが、
その恩恵は確実に受けていました。

 

もう一つ印象的なことは、
私たちのちょっと上の世代のお姉様方が、
チェッカーズや宇宙戦艦ヤマトなど、
それぞれ何かに熱狂的だったことです。

私たちはというと、ガキんちょなりに
フィーバーしていました。
光GENJIはもう女子の憧れ。
ローラースケートが流行りましたね。
私は買ってもらえず、友達に借りていました。

 

少し思い出しただけですが、
懐かしさに浸り、心があったかくなりました。

古き良き時代でした。

あの頃に、ありがとう。

投稿者プロフィール

山田 真智子
山田 真智子
京都市、向日市、宇治市を中心に対面カウンセリングを承っております。またSkype(電話)を通して、国内外を問わず心理カウンセリングをご提供しています。

コメントを残す

次の記事

入園一ヶ月の軌跡