私が後世に残したいと思うもの。それは、「豊かなこころが育まれる環境」です。

かなり大きなものになってしまいましたが、考えていたらあれもこれも残したいとたくさん出てきてしまい、まとめた結果こうなりました。

「豊かなこころが育まれる環境」とは・・・

一つは教育の面です。もっと個性が尊重された教育。自分を受け入れ、他人を尊重できるようになる。そして、生きる力をつけられる教育。どうすれば自分が思うように生きられるのか、苦境に立たされたときどうやって克服すればいいのか、様々なケーススタディを学びながら自分に適しているものを探る。さらに、夢や目標を持ってそれを達成できる力を養う教育。失敗から学び成功へとつなげていく。その中から自分の生きがいを感じることができる。

二つ目は大人のこころが豊かな環境。こども達が憧れたり尊敬したりできる大人が身近にたくさんいる環境。忙しくても夢に向かって生き生きと仕事をしていたり、時にはこどものように思いっきり楽しんだりバカやったり。様々な経験から多くを学び、こどもに話せる大人。一つのことを極めて、その本質を伝えられる大人。いろいろな魅力ある大人にあふれている環境。こどもはそんな大人をみて自分の将来への希望を抱く。

最後は、どうしてもつらくなった時、頼ることができる場所がある環境。カウンセリングが当たり前の世の中。かかりつけの医者のように自分のかかりつけのカウンセラーがいる。いつでも相談できる。安心感も得られる。そんな、こころの処方がしやすい環境。

 

こんな環境がそろえば、継続的に豊かなこころが育まれていくのではと思いました。豊かなこころを持った人がたくさん増えれば、もっと平和な世の中になり、もっと人類がいい意味での発展を遂げられるのではないかと思います。だから私は「豊かなこころが育まれる環境」を後世に残したい。