「今までブログに書いていなかったことを書いてみてください」(くれたけ#152)

SA

私が学生時代の頃のお話です。

学生の私は、自分がやりたいと思ったことは
やりたい放題やっていました。

興味が尽きることはありませんでした。

親の目が届かないことをいいことに、
ちょっと危ないことから無茶苦茶なことまで
やってみたいと思ったことをやり、
自分の経験値をひたすら上げていました。

 

その中でも今では考えられない挑戦をしたことを
書かせていただきます。

それはヒッチハイクです。
(その当時は流行っていました。猿岩石…。)

関西から富士五湖を目指して、
友達と女二人のヒッチハイクの旅を決行しました。

夜中にサービスエリアでトラックを探し、
何台か乗り継いで翌朝には無事目的地に到着。

 

富士五湖一周を目標に、歩いたり、
自家用車を捕まえて乗せてもらったりしました。

 

宿泊は苦学生なので、当然テントです。

一泊目は、人気のない山道沿いに見つけた
木材置き場にテントを張って寝ました。

二泊目は、ホテルのオーナーさん達がやっていた
イベントの手伝いをして、その対価として
ホテルの駐車場にテントを張らせてもらうことが
できました。お風呂にも入らせてもらいました。
(ホテル泊を狙ったのですが、
さすがにそれは叶いませんでした。
世の中そんなに甘くない!と学びました。)

 

無事に帰ってきたときは、
何とも言えない達成感と満足感に浸ったことを
思い出しました。

 

今考えると危険を冒した信じられない行動ですが、
私にとっては貴重な経験です。

 

こんな無茶苦茶をしていた学生が、
今ではカウンセラーです。

人生分からないものですね。

でも確実に言えることは、
これまでのすべての経験が
今の自分を作っているということです。

 

自分の本質を思い出し、
懐かしい気持ちにさせてもらった
今月のお題に感謝いたします。

投稿者プロフィール

山田 真智子
山田 真智子
京都市、向日市、宇治市を中心に対面カウンセリングを承っております。またSkype(電話)を通して、国内外を問わず心理カウンセリングをご提供しています。

コメントを残す

前の記事

セットで称賛

次の記事

意識はどこに