1月の二つ目のお題です。

どこに行っても空は見られますが、私がこれまで一番感動した空を「アナザースカイ」として紹介しようと思います。

それは、シベリアの空です。

学生時代に、大学の教授の研究についていったシベリアで広大な青い空を見ました。
360°見渡す限り地平線が広がり、地平線の上に小さな雲が浮いていて、あとは頭上まですべて青い空。

地球の大きさを感じ、自分のちっぽけさを知り、世界観が大きく変わりました。
知らない世界がまだまだ果てしなくあるということを実感した時でもありました。

シベリアの空は、自分の考えが行き詰まったときに思い出すと、狭くなった視野を広げてくれます。

これからも私の心の中にずっとあるアナザースカイです。