物質の間には
必ず摩擦が生じます。

人間同士も同様です。

人と環境も然りです。

多かれ少なかれ
どこにでも摩擦は生じます。

ですから、摩擦をゼロに
しようと必死になる
必要はありません。
少なくしようとする
必要もありません。

少ないところへ
動けばいいのです。